停滞

立ち止まって振り返らないと息継ぎができない

コミュニケーション

自分の今後の創作の方向性ややりたい事、モチベーションの維持の仕方等

色々考えた結果、描いた絵はdeviant artにアップすることにした。

 

上記についての詳細は仏陀(@_doublebind)がしてくれると思います。多分ね。

 

 

とりあえず絵をアップして一通り機能を触ったり様子を見てみる。

 

fav通知と一緒に見慣れない通知が。

 

f:id:a9t4t:20170717221934p:plain

「あなたは2人のdeviants(deviant artのユーザー)からラマバッジを手に入れました」

 

 

 

 

 

よくわからないので機能の試用がてら誰かに見える場所で問いかけてみる。

 

f:id:a9t4t:20170717222218p:plain

「ラマバッジって何!?」

 

すると早速見ず知らずの人から返事が来た。

どこから自分のことを見つけて来たんだろう・・・

 

f:id:a9t4t:20170717222339p:plain

「ラマバッジについて説明してるユーザーを見つけてきたよ。彼はこう言ってる。」

 

 

貼られたリンク先を見に行くとラマバッジの説明が。

各ユーザーページの右上にラマバッジを飾ることが出来るらしい。

無料の1ポイントのラマバッジは誰でも贈り合えるけど

ポイントが必要なすごいラマバッジはdeviant art自体に課金するかポイントを貯めて贈れるそうだ。

よくわからないけどfavとは違うコミュニケーションツールらしい。

 

 

 

 

 

f:id:a9t4t:20170717222847p:plain

「ありがとう!わたしもラマバッジをあなたに贈ってみました。」

 

せっかく覚えた機能なので早速使ってみる。

 

 

 

↓返事

 

f:id:a9t4t:20170717223002p:plain

「こちらこそ!それとH.G.ウェルズの『透明人間』を題材にしたGiftOCを貴方のために作ってるよ」

 

 

 

 

??????

唐突に帰ってきたコメント。

透明人間はかろうじて分かる・・・・「GiftOC」ってなんだ・・・・

調べても答えは出てこなかった・・・OCで調べるとテディベアを作るサービスとか出てきた。

 

これもせっかくだと思い本人に直接聞いてみる。

f:id:a9t4t:20170717223407p:plain

「『GiftOC』ってどういう意味?」

 

f:id:a9t4t:20170717223442p:plain

「『GiftOC』はオリジナルキャラクターを描いたギフトアートって意味だよ。

一緒にミックスしてひとつのGiftOCを作ろう。

『オリジナルキャラクター』についてはこのリンクで勉強してね」

www.wikihow.com

 

 

 

【約1時間後・・・】

 

 

 

 

f:id:a9t4t:20170717223913p:plain

「もう描けたからこれからアップするね:D」

 

 

早っっっっ!!

 

そして届く、コメントとは別の通知

f:id:a9t4t:20170717224120p:plain

「yohoroの為に透明人間の日本人の女の子のGiftOCを描きました。

彼女は今まで平穏な人生を贈っていましたが透明な薬品を見つけ、飲みました。(ソーダと間違えた)

それから彼女の体は透明になりました。(ただし衣服は除く)

彼女は今透明人間として新しい人生を贈っています。

このGiftOCは今yohoroのものになりました。」

 

それとこの空白のOCプロフィールシートを使ってね。(URL)」

 

 

 

まずありえん速さで贈られてきたのにひっくり返った。

だけど冷静になって、どんな形で、どんな絵でも自分のためにわざわざ描いてくれた事に感動した。

 

しかもプロフィールで日本人って見たからか、わざわざ日本人の女の子って設定を盛り込んでくれていた。

 

後で知ったんだけど海外のイラスト文化は版権よりもオリジナルを描いてる割合が結構多いそうで、既存の作品内のオリジナルキャラクターを作る文化はかなり盛況しているそうだ。

NARUTOのオリジナルキャラクターを作るコミュニティが何個も存在していた)

 

giftOCという文化が一般的なのか、この人だけのものなのかはわからないけど

とりあえずざっくりとした設定とイラストを贈るからその他のプロフィールは

考えていいよ!という意味だったらしい。

 

純粋に嬉しくて早速描いて返しました。

 

 

invisible girl

invisible girl by yohoro on DeviantArt

 

透明なのでToru(透)と名付けました。安直。

 

早速Mix together togetherした相棒から返事が届く。

 

 

f:id:a9t4t:20170717225502p:plain

「透明人間のToru、可愛いね。

スイミングプールでこの子がビキニになっているところが見たいな。

 

 

f:id:a9t4t:20170717225845j:plain

スケベは世界共通!!!

(もちろん描くつもりです)

 

 

Jonwii, thanks for the fun Deviant art!

 

 

 

yohoro.deviantart.com

人生を変えたアルバム五選〜なんなら貸すよ〜

f:id:a9t4t:20170526015134j:plain

大それたタイトルです

どれも本当に好きで順位が付けられないので順不同

 

THREE CHEERS FOR OUR SIDE/Flipper's Guitar 

www.youtube.com

自分のことをある程度知っている人なら知ってるよねと自負するくらいには

好きであることを人に話しているFlipper's Guitar

 

 出会いは偶然で、高校生の頃ポップンミュージックにハマっていて(今も好きだが)

数ある曲の中でも「なんとなくおしゃれっぽい!」ような曲がとりわけ好きだった

キャラでいうとスギレオリエさなのあたり

 

たまたまpixiv経由でスギレオの絵を描いている人の携帯ブログで

(写真一枚と短い分だけ更新する日記みたいなやつです。なんか流行ってたよね)

上記のアルバムを聴いている写真がアップされていて、スギレオ好きな人はどんな音楽聴いてるのかなと

なんとなく聴いてみたのがきっかけ

 

少年たちのイノセントや屈託の無さを一貫して歌っている曲に今まで何度も励まされた・・・

多分これからもこのアルバムにずっと助けられて生きていくと思う

 

1曲目のイントロから12曲のアウトロまでの流れも本当に好きで

どれだけ素晴らしいか語ると語彙が無さすぎて悲しくなるので

できれば自分の仲良くしたい人全員に聴いて欲しい

 

 

 

 

FABFOX/フジファブリック

www.youtube.com

 

21くらいの時に付き合ってた彼女と初めて会った時に

その場でオススメされて聴かされたのがきっかけ

 

聴いた瞬間「えええーーーーー!??!?良い良い良い良い・ーーーーー・・・・」

てなってあまりの衝撃でふっ飛ばされながら市内で唯一のイオンにあるタワレコ

駆け込んでその場でアルバムを買った

 

志村さんの声と歌い方が本当に好きだしアルバム個人的に刺さる歌詞が多い

 

 

 

スマトラ警備隊/相対性理論

www.youtube.com

 

当時イオンのタワレコまでふっ飛ばされた2号

 

 このアルバムに影響を受けたであろうアーティストが以降

どんどん出てきたけどやっぱり勝てない

 

語彙

 

 

 

Hush,Little Baby/Pastelshot

www.youtube.com

 

 きっかけはFlipper's Guitarを皮切りに渋谷系を掘り進めていく途中で

偶然買ったboys(&girls)wonderというアルバムに収録されていた「Red bus goes through our days」

バンド自体は上記のアルバムがファーストでありラストアルバム

 

渋谷系全盛期によくある宅録バンドでこの頃にまたありがちな決してうまくはない

歌と泣きメロで弊社の死にたい時に聴く曲代表です

 

万が一葬式があったらこのアルバム流してください。マジで。

 

 

 

CINEMA SCOPE/CECIL

www.youtube.com

 

2,3年前からこのアルバム単体で聴いてはいたけど最近自分の中のランキングをぐんぐん上がり続けている

いい意味で発売した当時の空気感が伝わってきて、その頃に今の自分が生きていたらと

ありもしない思い出を反芻したりする

 

ちなみにボーカルのゆきちさんは後にROOMMANIA#203というゲーム内の

架空のバンド、セラニポージであのササキトモコ氏作曲の元ボーカルを担当している

そこを掘り下げた話はまた後程・・・・

 

 

こう一通り聴くと我ながら自分の人となりがよく現れている気がする

それと、

 

ようやくこういう過去の話を恥ずかしげもなく話せる歳になった

海へ行くつもりじゃなかった

f:id:a9t4t:20170521232830j:plain

 

友人に勧められたのでまたブログを書き始める。

 

自分が見返す為に書くと書きやすいとか

続けようとしたやると続かないとかアドバイスをもらいました。

 

 

5月20日(土)

 

2,3日前から急に理由もなく惨めになったりしていた。

理由は些細な事でも一旦傷が付いてしまうとしばらく化膿し続けてしまう。

永遠に過去に呪われ続けている。

 

じゃあ海にでも行って呪いを解くしかないな!

 

と突発的に計画。

もちろんこういう気分の時に複数で海に行ってもしょうがないので1人で。

 

Googleマップで適当に調べて、砂浜に出られる横須賀の久里浜海岸に行く事に。

 

 

本当は土曜の早朝に出ていろいろ無計画に動こうとしてたけど、

前述のようにフラストレーションが溜まっていたせいで前日終電を逃して

酒の席で愚痴るというアホなことをしたせいで結局10時ごろに家を出る事になった。

 

出発

JR高円寺駅から総武線で新宿駅

新宿駅から山手線で品川駅→

品川駅から京急京急久里浜駅

 

無計画とは言ったけど、今日のためにプレイリストを作ってそれを1日聴きながら行動するって予定だけは決めていた。

 

f:id:a9t4t:20170521223254p:plainf:id:a9t4t:20170521223258p:plainf:id:a9t4t:20170521223302p:plainf:id:a9t4t:20170521223313p:plainf:id:a9t4t:20170521223316p:plainf:id:a9t4t:20170521223309p:plainf:id:a9t4t:20170521223306p:plain

時間がなかったので行きの電車で作ったプレイリスト

夏らしいチョイスで

CECILの「ビルの隙間に打ち上げ花火」なんかは東京で働いてる社会人だったら

夏に聴くと死にたくなるのでオススメです。

 

 

京急久里浜駅

1時間半程電車に揺られてようやく久里浜駅に着く。

思ったより大きくて綺麗な駅だった。

 

駅から海の方に向かって15分ほど歩くと道なりに進んでいた道がT字路に突き当たってその向こうに水平線が見えた。

 

300mほど横に移動すれば海岸に入れる階段があったけど面倒なので2mくらいの高さの壁から砂浜にドサッと着地した。f:id:a9t4t:20170521223919j:plain

ここから飛び降りた。靴にめちゃくちゃ砂が入った。

 

 

その後は1時間半くらい煙草吸ったりiPadで絵を描いたり裸足になって砂浜を往復したりしていた。

トップの画像はiPadでその場で写真撮って描いた。最高〜

 

f:id:a9t4t:20170521224745j:plain

f:id:a9t4t:20170521224000j:plain

f:id:a9t4t:20170521224034j:plain

ぼーーっと眺めているだけで嫌な事も思い出したくない事も全部忘れられるから一生見てられた。

 

f:id:a9t4t:20170521224212j:plain

このタイプのクラゲがたくさんいた。

 

f:id:a9t4t:20170521224334j:plain

何かの骨?貝?

知ってる人いたら教えて

 

 

f:id:a9t4t:20170521224839j:plain

急に尿意を催したので近くにあったペリー記念館の公園でトイレを借りて移動。

さっきまでぼーーっと見てた海から黒船が来たらしい。

 

海を見てた時に遠くの海岸にフェリーが出入りしてたので見に行く事にした。

 

 

フェリー乗り場

f:id:a9t4t:20170521224543j:plain

 パッと見ボートレース場かと思った

 

 

 

f:id:a9t4t:20170521224640j:plain

中に食堂があったのでしらす丼を注文。

美味しそうに見えるけどこの後醤油とソースを間違えて台無しになる。

1人でもそういう事しちゃうのが自分らしいよね(必死なセルフフォロー)(ソース臭いしらす)(梅干しで差をつけろ)

 

 

 

 

f:id:a9t4t:20170521224941j:plain

フェリーに乗って島まで行くのもいいかなと思ったんだけど、

1時間おきにしか出航しないのと、この時2時で6時には渋谷にいないと

いけない事から泣く泣く断念。

 

 

f:id:a9t4t:20170521225132j:plain

 

フェリー乗り場から出ると遥か向こうの山に謎の看板を発見。

 

「くりはま花の国」と書いてある。 

調べると公園のようだ。

時間的にも丁度いいと思い向かう。

 

 

 

くりはま花の国

だだっ広い敷地に歩く場所と遊ぶ遊具と大量の花がある感じだった。(急に語彙がなくなる)

ポピー畑が壮観だったのでしばらく写真をお楽しみください。

 

f:id:a9t4t:20170521225444j:plain

f:id:a9t4t:20170521225523j:plain

f:id:a9t4t:20170521225557j:plain

 

f:id:a9t4t:20170521225700j:plain

 高台に登るとポピーに見とれて結構な距離を歩かされたのを思い知らされる。

しかし看板を見ると更に上ると遊具のある広場があると書いてある・・・

ここで引き返すのも悔しいので更に上へ・・

 

f:id:a9t4t:20170521225939j:plain

GODZILLA・・・

でかいゴジラと長い滑り台、遊具が沢山あってちびっこが縦横無尽に駆け回り

両親が見守っている平和な空間・・・

 

「(することねぇ・・・)」 

 

来た道を引き返すのが億劫なので別のルートから近道はないかと地図を開く

 

f:id:a9t4t:20170521230226p:plain

 山のど真ん中にゴジラはいた・・・・

画面見て固まったけど結局この場所から来た道を引き返して久里浜駅まで歩いた。

 

久里浜駅から品川を経由して渋谷へ。

ライブの話は割愛。

端的に言うとちゃんとギター練習して曲作れるようになりたいという気持ちが上がった。

 

 

やりたいことが多すぎる。

時間が足りない。

ただゆっくり考える時間も必要だと常々思う1日だった。

 

f:id:a9t4t:20170521231920j:plain