停滞

立ち止まって振り返らないと息継ぎができない

人生を変えたアルバム五選〜なんなら貸すよ〜

f:id:a9t4t:20170526015134j:plain

大それたタイトルです

どれも本当に好きで順位が付けられないので順不同

 

THREE CHEERS FOR OUR SIDE/Flipper's Guitar 

www.youtube.com

自分のことをある程度知っている人なら知ってるよねと自負するくらいには

好きであることを人に話しているFlipper's Guitar

 

 出会いは偶然で、高校生の頃ポップンミュージックにハマっていて(今も好きだが)

数ある曲の中でも「なんとなくおしゃれっぽい!」ような曲がとりわけ好きだった

キャラでいうとスギレオリエさなのあたり

 

たまたまpixiv経由でスギレオの絵を描いている人の携帯ブログで

(写真一枚と短い分だけ更新する日記みたいなやつです。なんか流行ってたよね)

上記のアルバムを聴いている写真がアップされていて、スギレオ好きな人はどんな音楽聴いてるのかなと

なんとなく聴いてみたのがきっかけ

 

少年たちのイノセントや屈託の無さを一貫して歌っている曲に今まで何度も励まされた・・・

多分これからもこのアルバムにずっと助けられて生きていくと思う

 

1曲目のイントロから12曲のアウトロまでの流れも本当に好きで

どれだけ素晴らしいか語ると語彙が無さすぎて悲しくなるので

できれば自分の仲良くしたい人全員に聴いて欲しい

 

 

 

 

FABFOX/フジファブリック

www.youtube.com

 

21くらいの時に付き合ってた彼女と初めて会った時に

その場でオススメされて聴かされたのがきっかけ

 

聴いた瞬間「えええーーーーー!??!?良い良い良い良い・ーーーーー・・・・」

てなってあまりの衝撃でふっ飛ばされながら市内で唯一のイオンにあるタワレコ

駆け込んでその場でアルバムを買った

 

志村さんの声と歌い方が本当に好きだしアルバム個人的に刺さる歌詞が多い

 

 

 

スマトラ警備隊/相対性理論

www.youtube.com

 

当時イオンのタワレコまでふっ飛ばされた2号

 

 このアルバムに影響を受けたであろうアーティストが以降

どんどん出てきたけどやっぱり勝てない

 

語彙

 

 

 

Hush,Little Baby/Pastelshot

www.youtube.com

 

 きっかけはFlipper's Guitarを皮切りに渋谷系を掘り進めていく途中で

偶然買ったboys(&girls)wonderというアルバムに収録されていた「Red bus goes through our days」

バンド自体は上記のアルバムがファーストでありラストアルバム

 

渋谷系全盛期によくある宅録バンドでこの頃にまたありがちな決してうまくはない

歌と泣きメロで弊社の死にたい時に聴く曲代表です

 

万が一葬式があったらこのアルバム流してください。マジで。

 

 

 

CINEMA SCOPE/CECIL

www.youtube.com

 

2,3年前からこのアルバム単体で聴いてはいたけど最近自分の中のランキングをぐんぐん上がり続けている

いい意味で発売した当時の空気感が伝わってきて、その頃に今の自分が生きていたらと

ありもしない思い出を反芻したりする

 

ちなみにボーカルのゆきちさんは後にROOMMANIA#203というゲーム内の

架空のバンド、セラニポージであのササキトモコ氏作曲の元ボーカルを担当している

そこを掘り下げた話はまた後程・・・・

 

 

こう一通り聴くと我ながら自分の人となりがよく現れている気がする

それと、

 

ようやくこういう過去の話を恥ずかしげもなく話せる歳になった