停滞

立ち止まって振り返らないと息継ぎができない

面接2

9月某日

 

今年2度目の面接に行きました。
場所は銀座、業務内容は伏せます。

朝9時からの面接に間に合うよう、いつもどおり仕事に行く時間に家を出る。

 

現地に到着してノックをすると、出てきた若い女性の社員の方に応接室に案内された。
その後来たのは男性1人と女性2人。
男性は主任、おそらく人事関係を取り仕切っている人だ。
女性2人のうち1人はおそらく入社後にその人の下で働くであろう人、もう1人の若い人は一緒に働くであろう人。

 

以下があちらからの質問とこちらの回答

 

Q.設計図、製図を見て拒否反応があったりしますか?
A.新卒で入った会社で設計の仕事をしていたのと、今の仕事でも部屋の図面を見るので大丈夫です。

 

Q.使えるのはIllustratorだけですか?
A.Photoshopも使えます。CADも最後に使ったのはかなり前ですが問題ないと思います。

 

Q.建築関係が絡んでいる業務なので所謂縦社会で理不尽な怒られ方や、下請けの責任を
負うこともありますが大丈夫ですか?
A.今の仕事がまさにそんな感じなので大丈夫です。

 

Q.オフィスではなく1日外に出て現地で仕事することも出て来ると思いますが大丈夫ですか?
A.今の仕事は10時間座りっぱなしなのでむしろ良いです。

 

CAD、Illustratorが使える事や現職で主に電話対応をしていることを話した時はかなり好感触でした。

10時間座りっぱなしでなので〜の話をした時
「えっ、定時20時って・・・でも朝から・・ですよね・・?」
「朝9時からですね」
「シフト制ではなく・・・?」
「ではないです。電話に出る人が他にいますがその人だけだと詳しい内容が案内できないこともあるので」
「ほ、ほぉお・・・」
「なので一日中座りっぱなしよりかは外出られるくらいのほうが丁度いいですね。」

 

労働時間に完全にドン引き

 

その後せっかくなので持ってきたポートフォリオを見てもらって、終了。

帰りの電車の中で内心「行けるんじゃないか??」と思い上がっていました。
しかし今までも愛知で就活していた時に何度も面接で期待させるような言葉をかけられた上で
落とされていたので、後で余計辛くなるだけだから期待するのは辞めよう、と考えを訂正しました。

 

そして結果通知。

 

「●● 様

株式会社●● 採用担当の●●でございます。
先日は弊社面接にお越しくださいまして、  
誠にありがとうございました。

弊社にて、慎重に検討いたしましたが、
今回はご希望に沿えない結果となりました事をご連絡いたします。

誠に残念ではございますが、何卒ご了承くださいますよう
お願い申し上げます。

面接にお越しいただきましたことに
改めてお礼を申し上げるとともに
●●様の今後の益々のご活躍をお祈り申し上げます。 」


「なるほどね」「やっぱりね」と期待なんかしていなかったかのように心のなかで
自分に言い聞かせていたけどやっぱり堪える。

前回の「ニートから未経験でやってる人もいますよ」と言っていた会社もだけれど
「なんで落ちたの?」という気持ちが強い。

自分より技術や人間性が上の奴が採用されたのか?
面接中の自分に何か駄目な部分を見出したのか?
そもそも他を採用したから落とされたのか、他にあてはないけれど求めるレベルに至らなかったからなのか?

正直納得いかないのでマイナビ転職のメッセージフォームに来たお祈りメールに対して、
採用に至らなかった理由を訪ねてみた。

1時間ほど経ったが返信は返ってこない。返ってきても採用されるわけでもないし、
単純に納得できない自分がいて、それでも今までと同じ事を繰り返すのが嫌になったから
自分を肯定する為に送りました。


今こんなに苦しんでいるのは過去の自分のせいだってわかってるけどさー
じゃあどうしたらいいのか教えてくれよ御社!

f:id:a9t4t:20170926115724j:image

 

 


追記

 

届いた。

 

「株式会社●● 採用担当の ●●でございます。
ご質問いただきました件につきましてお答えします。

今回の募集にあたり、未経験・スキルの有無、は問わない姿勢でした。
●●様の人柄等を拝察し弊社で仕事をして頂きたい気持ちはありましたが、
他の応募者の条件と総合的に判断し、今回の連絡となりました。
細かい点の判断理由の開示はご容赦ください。

多数の企業の中から弊社に応募いただきましたことに感謝するとともに、
●●様の今後のご健勝とより一層のご健勝とより一層のご活躍をお祈り申し上げます。」


だそうです。
経験者か、仏のような人格の人がいたんですかね。