停滞

立ち止まって振り返らないと息継ぎができない

消費者になる

もうわたしは生産者ではなく消費者になります

1月〜2月くらいで消化したものリスト

 

アマゾンプライムビデオ

キルラキル(全25話)

キャラデザ好き。

流子ちゃんと蛇崩乃音ちゃんが好きなんだけど苛マコが予想以上に眩しすぎて何度か絶命しそうになった。

「TRIGGERが〜」「演出が〜」みたいな話されて死ぬほどどうでもいいなと思いそうなのでキャラの話だけしたい。

 

DARKER THAN BLACK -黒の契約者-(全25話)

「主人公だけ罪を背負った作品が観たい」といつかどこかで誰かに言った時におすすめされて、ずっとメモだけしてあった作品。

2話構成で曲も雰囲気もかっこいいし、救われる話も全然ないし、でもちゃんと設定の伏線は回収してる。超面白かった。

覚悟を決める為に自分の腕の1本や2本平気で落とすような男キャラが好きだけど

能力者は合理的な判断をするので無理な戦いはしないのでそんな奴は1人も出てこないのであった・・・・

ノーベンバー11はめちゃくちゃカッコいい

続編が賛否両論っぽいので観るか迷う

 

リング

ちょっと拍子抜けするくらいあっさり終わったけどシリーズが続いているのでここから先が楽しみ(色んな意味で)

 

 

書籍

きょうの日はさようなら/一穂ミチ

宮崎夏次系の表紙で買ったけど正解だった。

2025年が舞台ということで、程々の近未来感がすごく丁度良くて読んでいてあまり違和感を感じなかった。

設定も面白いけど夏を舞台にした日本のジュブナイル小説で、何も救われないやつ好きかもしれない・・・・

恵まれすぎた設定と展開だと同じ頃の自分を投影してしまって死にたくなるし現実離れしすぎると醒めるし救われないでいてくれたほうが感情移入できる。

 

ライ麦畑でつかまえて/J.D.サリンジャー

ホールデンが終始心の中でグダグダグダグダ言っているのに終始「わかる〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」とわかるボタンを連打した。

多分同じように世界中で何十年もわかるボタン連打されたんだろうな。

本当に短い数日の話で、脈絡もなく話が進んでいって、オチや伏線も何もないんだけどそれが逆にリアルで実際しょうもない人間のしょうもないエピソードってこんな感じだよなと思った。

 

 

ドグラ・マグラ/夢野久作

面白いけど自分が面白いと思っている解釈が合っているかどうかわからないし、文字を起こしてそれを説明しろと言われてもできないので何も伝えられないが面白かったと思う。精神に異常はきたしておりません。

知っている人は知っているかもしれないけど、「壇林皇后九相図絵」という、死体が腐っていく様を描いた古い絵が実在していて、それが元ネタになっている作品なので(実は自分も読むまで知らなかった)、そこから気になった人は読んでみるといいかも。

壇林皇后九相図絵は見ても精神に異常はきたしておりません。

上巻の最後の後半辺りの論文や文献が出てくる辺り挫折しそうになると思うけどかいつまんで読めばいいと思う。

 
その他書評割愛(全部漫画)

ストップ!ひばりくん(1〜2巻)/江口寿史

江戸川乱歩傑作選 孤島の鬼/長田ノオト

江戸川乱歩猟奇漫画館 地獄の道化師・黄金仮面/関谷ひさし

培養肉くん(1巻)/宮崎夏次系

なくてよくても絶え間なくひかる/宮崎夏次系

アダムとイブの楽園追放されたけど…(2巻)/宮崎夏次系

 

 

次の目標

MOTHER3を終わらせる

ノベルゲームたくさんやる